坐骨神経痛とは

坐骨神経痛というと、そういった病名があると思いますよね。

でも坐骨神経痛は、病名として扱われるときと、他の疾病の症状の1つとして扱われるときの両方があるという痛みです。

そもそも坐骨神経痛とはどういったものかということですが、その前に坐骨神経とはどこの神経なのでしょう。

坐骨神経とは、人の中で最も太く長い末梢神経です。

場所は腰から足の指先、つま先まで伸びている、ペンの太さほどもある神経となっています。

そして、この坐骨神経に何かの刺激があり、坐骨神経が圧迫されると、お尻から太ももの後ろ側にかけて、痛みが走ります。

ひどい場合には、足がしびれて指先までしびれることがあるほどです。

坐骨神経痛を発症させる原因がはっきりしている場合には、坐骨神経痛はその原因に関する症状の1つとして考えられますが、原因がはっきりしないときは、坐骨神経痛が病名として扱われます。